スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『長糸ふる里いち』

今週、日曜日(1月29日) 糸島市の直売所、伊都安蔵里さんで開催される

『長糸ふる里いち』に出店します。


商品の販売+醤油仕込みの体験 (随時受付で、その場で仕込みます。)
 

20近くの出店があり、盛り上がりそうです。
自分も面識のない出店者さんが多いので、当日見て回るのが楽しみです!!



359__ZXllY2F0Y2g-d-_201701252118395bb.png




スポンサーサイト

クロスロード

今週、放送のテレビ東京 『Crossroad(クロスロード)』
http://www.tv-tokyo.co.jp/crossroad/

にて、うちの事を紹介いただきます! よかったらご覧ください。
26日(土) 22:45~ です!


IMG_5534.jpg
















新商品


今月の始めから新商品がスタートしました。

「生成り、 無肥料・無農薬」

見ての通りラベル無しで商品名も最初はなかったのですが、発注の時に困るという事に気付き、スペックを付け加えたネーミングにしました。

商品名で分かりますが、原材料は肥料・農薬を使用せずに栽培した大豆と小麦です。
今までの商品はすべて地元糸島産でしたが、今回は大豆(福岡)・小麦(熊本)です。

ずっとこういった原料には興味があったのですが、出来たら糸島内で栽培してもらえないかと模索してきましたが、なかなか難しくそのままになっていました。
そんな中、いろんなきっかけや縁があって、昨年の2月に仕込みました。

いつもの濃口と仕込みの配合は同じです。
ただ、諸味期間がいつもより半年程短いのでいつもよりシャープであっさりした仕上がりです。


少量仕込みですが、毎年続けて行きます。

ご興味あれば一度試して見てください。



100ml 648

300ml 1,566

720ml 3,024

1800ml 6,804


http://www.mitsuru-shoyu.com/


IMG_5759_convert_20161027211650.jpg








FOR STOCKISTS EXHIBITION 2016

今月の始め、展示会で上京しました!

FOR STOCKISTS EXHIBITION 2016


今までの展示会に比べると、出展者や来場者数は圧倒的に少ないのですが、

「とてもいい!」、「絶対また出たい!!」 と、強く思えるイベントでした。




会場は「自由学園」僕は知らなかったのですが、とても有名なフランク・ロイド・ライトという方の設計。
素人な自分でも、いいな~と思ってしまう素敵な建物でした。
IMG_4199_convert_20160930210911.jpg

展示会前日の搬入は、まず出展者もみんなで会場で使うテーブルや椅子、荷物を協力して運ぶ所から始まります。
もちろん、最終日の片付けもみんなで!
IMG_4245_convert_20160930210939.jpg

そして、中日は会場の前で懇親会! 
時折雨も降ってましたが、関係無く300名くらいの参加者がワイワイ。
IMG_4289_convert_20160930210959.jpg


来場者の反応も良かったし(数件取引も始まりました)、出展者の方とも色々交流出来て刺激になる会でした。


また来年も出れるように頑張ります!!!


刺激的な来客。




ブログ開始から7年。 開始から続いてきた最低限月1回の更新を3月に逃してしまい、気を引き締めたつもりが、7月も更新無しという失態。。

ちょっと、いかんですね。


と、言っても過ぎたことは仕方無いので、切り替えて。





先月は、いつも私に刺激を与えて下さるお酢屋さん&鮨職人さんがいらっしゃいました。


左から、私が最も尊敬する会社 飯尾醸造 飯尾さん。大阪 鮓きずな 近藤さん。岡山 鮨 縁 佐藤さん。
近藤さんと佐藤さんのお店では、お酢は富士酢、醤油は生成りを使っていただいてます。 ちなみに海苔は柳川の成清海苔店。

近藤さんと佐藤さんの会話は、1日1日が本番、真剣勝負の飲食業の大変さをひしひしと感じ、その中でより上を目指して毎日挑まれてる姿勢に、横で話を聞きながら痺れました。
こんな方達と近い距離に居れる事が本当に嬉しく、頑張って皆さんと付き合うのに相応しい、醤油屋になりたいと強く思いました。


8年前、東京でフリーターの1年がありました。
その時、まだ実家に戻られて数年の飯尾さんと知り合いました。
飯尾さんは、僕がやりたい事を真剣に聞いて下さり、そのために何が必要か沢山アドバイスを下さいました。
出張で東京にいらっしゃる時は食事に誘っていただいたり、飯尾さんの信頼する方々を紹介してくれました。
言うまでもなく、今のミツル醤油を語る上で、飯尾彰浩さんは大きな存在です。


今の僕は、あの時の飯尾さんと同い年です。

自分は身の回りの事でいっぱいいっぱいですが、いつかは少しでも近づけるよう、
人に影響を与えれるような人間になりたいと思いました。

その前に、しっかりした会社を目指す事が先ですが。。



IMG_3309_(1)_convert_20160817212356.jpg
IMG_3308_convert_20160817212126.jpg

|商品カテゴリー