FC2ブログ
いつも「ミツル醤油醸造元の公式ブログ」をご覧いただき、誠にありがとうございます。
最新情報はホームページ、facebook、instagramをご覧ください。

ミツル醤油醸造元 公式ホームページ
http://www.mitsuru-shoyu.com


ミツル醤油醸造元 facebook
https://www.facebook.com/mitsurushoyu/


ミツル醤油醸造元 instagram
https://www.instagram.com/yoshinori.jo/


見学

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見学

2日間、五味醤油さんでお世話になった後、山梨のワイナリー巡りをしました。

五味さんがお願いして下さって、中央葡萄酒さんと四恩醸造さんに邪魔しました。

前日の夜から職人醤油の万太郎さんも合流。

<中央葡萄酒>
タンクも床もピッカピカで、本当に清潔な工場。 
味も「綺麗な味」を意識してあるとのこと。 まったく補糖せずに作っているワインが1つ
あるのですが、売り切れでした。 いつか飲んでみたい。
IMG_1182_convert_20120701221158.jpg


<四恩醸造>
まだスタートして数年で、製造のほとんどをお一人でこなされている。
シャッターの建物が工場で、中はコンパクトでシンプル。作業がしやすいように工夫がされてました。
IMG_1209_convert_20120701221458.jpg

ブドウの栽培や醸造に関するこだわりも沢山あったのですが、印象的だったのはそれだけこだわった
商品だけど、誰でも手頃に買える価格で出すという事。 コルク栓ではなくスクリューキャップ
を採用してるのも、手軽さとコスト削減のため。 ターゲットは「ワイン初心者と飲みつくした人」
個性的なワイン作りと徹底した消費者目線が、リリース後即完売という現象を生むのは、自然な流れだと納得。 
IMG_1215_convert_20120701221345.jpg



翌日は、長野県の松本にある大久保醸造さんへ。
IMG_3295_convert_20120701231310.jpg

色々な方から、大久保さんのお話しは聞いていましたが、噂どおりスゴイ方でした。
工場の構造や機械・道具など、あちこち工夫がちりばめられていて、既製のままのは無いんじゃない??
って程でした。 
IMG_3318_convert_20120701223354.jpg

これは地下の商品ストック場、地下だと年間通じて温度が低く光も入らない。
言われて見ると適した保管場所だが、なかなか思いつかないし、実際にやるのはさらにスゴイ事。
また、工場の電力は太陽光発電でまかなっていて、(年数は忘れてがかなり前から)むしろ中部電力
にも電気を売ってるとのこと。 時代の先を行かれてますね。
IMG_3299_convert_20120701222941.jpg

醤油の仕込み蔵、ここも含めて工場のほとんどの壁や床に大量の炭を入れているとの事。
居心地がいいのは、その効果なのだろう。
IMG_3323_convert_20120701223923.jpg

昼食は大久保さんの奥さまの手料理。一見お店みたい。
しかも大久保さんが作られた野菜や、自家製のハムなど、どれもこれもタダものじゃない物ばかり。
食に対して厳格なこだわりのある大久保さん。当然どれもめちゃくちゃ美味しい!
結局この日は朝から夕方まで、ずっと大久保さんのお話しを聞かせていただいて、
学びの多い一日でした。 
紹介して頂き、車で案内して下さった万太郎さん、ありがとうございました!
IMG_3348_convert_20120701223550.jpg



最後の締めくくりは、大久保さんが大事にされてる蓄音機で、昔の曲を沢山聞きました 笑  
IMG_3352_convert_20120701223650.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

|商品カテゴリー