いつも「ミツル醤油醸造元の公式ブログ」をご覧いただき、誠にありがとうございます。
最新情報はホームページ、facebook、instagramをご覧ください。

ミツル醤油醸造元 公式ホームページ
http://www.mitsuru-shoyu.com


ミツル醤油醸造元 facebook
https://www.facebook.com/mitsurushoyu/


ミツル醤油醸造元 instagram
https://www.instagram.com/yoshinori.jo/


リニューアル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リニューアル


6年前、自分が帰ってきて最初に作った商品 「だいだいぽんず」

ただいま、リニュ‐アルのために色々と試作中です。

既存のままの販売も並行しつつです。 先日の製造では既存の配合で醤油を「生成り、」に変えました。
ちなみに、「いりこだしつゆ」の方は一足先に生成りに変更しております。

この2つの商品はまだ醤油仕込みも始ってない時期に開発した商品で、醤油は醤油組合の県産大豆・小麦の物でした。
スペックも品質も加工品に使うには申し分ない醤油でしたが、生成りが完成したころから、自社の醤油が出来たのに加工品(つゆやぽんず)に使ってない事に自分の中で葛藤がありました。

当初は、やはり生成りは加工品としてでなく「醤油」として出していきたい。(この程度の仕込み量も醤油単体で販売できないようじゃダメ。加工品への流用に逃げては行けない。という、自分の想いがあったからです。)
もちろん、コストも同じくらい大きな問題でした。



しかし、昨年くらいから飲食店さんとの取引きも増えてきて、調理のプロの方々とお話しする機会が増えました。
その中で、様々な調理場面で「生成り」の良さを教えていただきました。

それから、自分がこの醤油がベストだと思っているのなら、自分が調理する物(つゆやぽんず)はこの醤油じゃないといけないし、必ず味は美味しくなるはずだ。

と、思い込むようにしました。(笑)



つゆは醤油を変えて、醤油のキレを活かすために以前より甘さも控えました。

ぽんずは、つゆの何倍も悩みながら試行錯誤中です。

いや~  難しいです。 ホントに。

もちろん味が一番大事ですが、加工品として売る場合にコストや保存性など、様々な要素があるので
思い切った感じの変更が出来ずにいます。

まぁ、10月くらいを目標に試作を頑張っていこうと思います!!







IMG_1901_convert_20150723224831.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

|商品カテゴリー